【お名前】

吉田 英人(よしだ ひでと)

【現在のご所属・ご役職】

広島大学 名誉教授 特任教授

【ご専門】

粉体工学、微粒子の高精度分級、遠心分離、沈降法による粒子径評価

【略歴】

京都大学大学院工学研究科 博士課程修了
広島大学工学部助手 助教授 教授(平成6年より27年まで)
昭和54年 工学博士 (京都大学)
昭和58年4月より1年間 米国Syracuse 大学に留学
平成28年4月から名誉教授及び特任教授
 粉体の高精度分級及び沈降法を利用した粒子径測定の研究に従事

【所属学会・団体】

化学工学会、粉体工学会、日本粉黛工業技術協会

【過去の講演テーマ例】

 1 高精度な粒子分級技術とシミュレーション
 2 乾式及び湿式分級 (乾式サイクロン 湿式サイクロン 遠心分離機)
 3 サブミクロン及びナノ粒子の分級
 4 粒子径測定技術  ペースト法による粉体の粒子径測定
 5 電場を利用した分離操作

【趣味】

読書

このページを印刷 このページを印刷